現在、多くのポンプやモータなどの回転機械の状態監視はオペレータによる巡回点検が用いられています。
もちろん巡回点検は有効な手法ですが、回転機械の故障の主な要因である転がり軸受の予知保全には測定頻度と振動などのデータ蓄積量が巡回点検だけでは不十分な場合があり、劣化兆候の発見が遅れ運転効率の低下や突発的なトラブルや停止が発生しているのも事実です。
 本セミナーでは、このような問題を抱えている方、これからより効果的な予知保全の導入を検討されている方を対象に、回転機械で発生している振動現象と測定方法の基礎から最新のワイヤレス振動センサによる監視システムとその導入事例を分かり易くご紹介します。
 ぜひ、ご参加くださいますようご案内申し上げます。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
日時 2019年5月31日(金) 15:00~17:00 (受付開始 14:30)  
会場
〒102-0083 Tokyo 千代田区麹町4丁目3-3
TEL: 03-3263-4411
参加費 無料
定員 16名
対象 ・保全に携われている方
・回転機械の予知保全の導入を検討されている方
・振動監視について知見を深めたい方  など
主催 新川電機株式会社
共催
協賛
内容 プログラム
(1)振動監視の概要、振動の基礎知識
(2)転がり軸受の予知保全を行うには(基礎セミナー)
(3)ワイヤレスによる監視システムのご紹介
(4)導入事例のご紹介
備考
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

エラーや、画面が変わらない場合はこちら

新川電機株式会社 SST製品企画部 商品企画室野方、大西
TEL: 03-3263-4411FAX: 03-3262-2171
E-mail: st-web@shinkawa.co.jp